男性作業員

スズメバチの巣を駆除するなら専門業者に依頼しよう

危険なハチの巣撤去

ハチ

肥大化したスズメバチの巣はかなりの大きさになることもあり、肥大化を続けると直径50cm程度になることもあります。またスズメバチの巣は、大きさに比例して重量も相当あります。肥大化した巣は一人で撤去するのは難しいでしょう。そのため、スズメバチの巣を駆除する時にはサイズに応じて人数が必要になります。かなり丈夫なので崩したり切り落としたりするのも労力が要ります。スズメバチの巣をリフォームして住み着くスズメがいるほど、丈夫で結構な重量を支えることができるのです。冬場は蜂がいないので安全ですが、夏と秋には周辺には近づけないほどスズメバチが凶暴化します。警戒範囲が広く、近づいてきたものに対して警戒音を発します。それ以上近づいた場合には、攻撃を仕掛けてくるため大変危険です。気付かず警戒範囲に入ってしまう人もいるので、秋や夏にはスズメバチ被害や駆除依頼が増える傾向にあります。山や森、林などに巣を作ることが多いため、警戒音の羽音が聞こえたら、速やかにその場から離れることがオススメです。離れる時は騒がず、慌てずゆっくり逃げることで蜂を刺激せずに済むでしょう。駆除依頼する場合には、土地の管理者や、家主、近所の人にも巣の位置を教えて依頼しましょう。周辺に警告することで、駆除までの間に襲われる被害が拡散しないための措置です。死亡事故を起こさないためにも、万が一刺された場合には、軽く見ることはせずにすぐ救急車で搬送してもらいましょう。

退治には装備レベルも重要

殺虫剤

蜂の巣駆除は、細心の注意を払って行なうことが重要です。タイミングと機会を伺って、入念に準備しましょう。防護服やゴーグルなど揃えるのが大変なら駆除業者で依頼すると良いでしょう。

もっと読む

専門業者依頼が安全

住宅

日本にも数多くのハチがいます。ハチの特性に合わせたハチ駆除を安全に行なうことは個人では少し難しいかもしれません。安全性の高い駆除を行なうなら、専門業者依頼を利用することがオススメです。

もっと読む

体は小さくても凶暴

インテリア

都市部に多く見られるキイロスズメバチは、体が小さくともスズメバチです。気性も荒く、攻撃的なので、見かけたら駆除の専門業者に相談して対応してもらいましょう。民家の軒先など人のすぐ近くに巣を作り、危険です。

もっと読む